ヒキガエルやコナラの木は見守っているよ

170326 (1)

卒業式も終わり、いよいよ新たな入園式や入学式のシーズンとなりました
森林公園の自然体験プログラムも今年度のものがほぼ終了し、また新たな年度がはじまります

なかでも幼児と保護者対象プログラム“お母さんといっしょに森あそび”は
春、秋、冬の3期にわたり、それぞれ6回のプログラム
なかには3期とも参加してくださった方もいて
2、3歳のこどもたちの成長と変化をスタッフともどもまじかに見させていただきました

保護者の方の反応のなかには
「とにかく自分でさわって確かめるようになった。
なんでもさわっちゃうから親としては・・・だけど」
なんてものもあったりして
上の写真はヒキガエルの卵だけれど、
「ぜんぜんさわれなかった虫が平気になりました」
なんて声もありました

170326 (2)

こちらスタッフも、はじめはお母さんにピッタリだったこどもらが
だんだん離れて歩くようになったり、
自分からスタッフに話しかけたりしてくれるようになって
とてもうれしかったのですよ

170326 (3)

プログラムのなかではこども同士が仲良くなったり、
保護者と保護者、保護者とスタッフ、そして保護者の方が
違う保護者のこどものことを気にかけてくれるようになったりして
家族のような関係もできつつあったのですが
4月からはいったんバラバラになっての再スタートです

170326 (4)

最後のアンケートのなかには
「こどももだけど、森でゆっくり過ごせてよかった」
といった声もあり
2週間に一度ぐらいのペースではあったけど
こどもにも大人にも森はいい刺激を与えてくれたのではないかなあ

とにかく生き生きと
なにか問題が起こってもそれを自分や仲間と一緒に解決していける
そんなたくましいヒトに育っていってくれることを願います
森林公園のヒキガエルやコナラの木は
そんなみんなをきっと見守ってくれることでしょう

さるぞー
スポンサーサイト

湿地の灯火

DSCF6499.jpg

わずかな水が しみ出ているような 小さな湿地に ヨゴレネコノメが 咲いていました

やや暗い湿地に ともる 灯火のようで 目を引きます

DSCF6504.jpg

この湿地には サワガニも 棲んでいました

DSCF6508.jpg

湿地から 帰る途中 少し乾燥した場所に タチツボスミレが 咲いていました

DSCF6539.jpg

もようが おしゃれな アサギマダラの幼虫にも 会いました

森林公園には いろいろな 環境があるので いろいろな 生き物に 出会えます

みきちゃん
プロフィール

さるぞお&みきちゃん

Author:さるぞお&みきちゃん
なんちゃってインタープリターはじめて10年、山や森にかよってウン10年の中年真っ只中!熱帯雨林の中で、サルこそもっとも森で自由自在に生きられる動物だ!と実感したわたくしさるぞおはふだんビジターセンターバードピア浜北におりますゆえ、よろしくお声かけくださいませ。4月からは(社)フォレメンテあかまつ職員となりました。

4月から、さるぞおさんのお手伝いをすることになった みきちゃんです。「お母さんといっしょに森あそび」担当、生き物大好き3児の母です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク