みんなで見る

昨日は森林公園ボランティア利用者あんないグループの活動日
「池の周りの生き物探し」をテーマに来園者の方々を森林公園のなかに案内しました

P1000914.jpg

「池の周り…」がテーマだったにもかかわらず、いきなりバードピアのすぐ横から生き物探しがはじまります
こどもが虫を見つけると大人もつられて探し出し
けっきょくみんなで探すことに
ああだこうだといろんな声が飛び交って
一体感が生まれます

P1000931.jpg

ようやく池の周りにたどりつき、いよいよ主役たちの登場です
イモリにカエル、少年2人を筆頭に夢中で彼らをを追っかけます

あっちにいったぞ
そら自分でつかまえろ
あっ これってなに?
ん~ヘビトンボの幼虫じゃない?

ここでも声が飛び交って
次から次にいろんなものが見つかります
昨日はいったい、いくつの生き物に出会ったのか
みんなで見ることの楽しさです

こんな利用者あんないグループの活動は
毎月第4日曜日 午後1:30から
どなたでも参加できます

さるぞお
スポンサーサイト

今年のホタル観察会終了

日曜日でホタル観察会の全日程が終了しました
2週にわたり全4回の観察会
一日だけ雨に降られ、その日はあまり飛びませんでしたが
4回を通してたくさんのホタルを見ることができました

hotaru.jpg
(参加者にホタルの幼虫のすがたを教える澤井チーフ)

参加者のみなさんもホタルの幼虫のすがたをはじめて知ったり
オスとメスの光り方の違いを知ったり

そしてなにより
日が暮れてぽつらぽつらと光りだすホタルの様子に
すっかり魅了されていました

水のなかで育ち、土のなかで大人になって空へ舞う
生活環境はじつに多彩
あんな小さな生き物だからこそ、生活環境をフルに使って生きているのでしょうか

来年も同じようにホタルが見れるよう、努めたいと思います
あっ まだもう少し、今月いっぱいぐらいはホタル見れそうです

ほたぞお

ボランティアの会ネイチャークラフトグループ

P1000500.jpg
どこか笑える、それでいてなんとも躍動感のある作品

毎月第2日曜日は森林公園ボランティアの会、ネイチャークラフトグループの活動日です
今回のテーマは「木の実でアート」
公園内に落ちている木の実を使い、思い思いの作品を作りました

P1000532.jpg

大人も子供も一緒に楽しむ
ありそうでなかなかない時間なのかもしれません

毎月第2日曜日 1:00~2:30 バードピア近くの木工体験館でどなたでも参加できます
なんと参加費無料!

ボランティアの会のメンバーがやさしく教えてくれますので、ぜひ参加してみてくださいね
ちなみに次回は7月8日(日)「あんどん作り」です

さるぞお

夜も昼も

IMGP2102.jpg

今週のガイドウォーク
梅雨に入ったかのようなこの日は、朝から雨も強くて少人数での開催
しかし、自称晴れ男のこの日の講師、新野さんのおかげか
スタート時には雨もあがって、しっとり濡れた森のなかを歩きました

トカゲ目当てに参加してくれた彼も
新野さんがつかまえたカエルやイモリ、チョウのイモムシに興味しんしん
いつかいろんな生き物に興味をもってくれるとうれしいなあ

IMGP8698.jpg

闇夜に向かい、みんなでいったいなにを見てるのでしょう

そうこの時季、闇夜を眺めるといえばあの虫
ホタルです
いよいよ森林公園でもホタルが本格的に舞いはじめました
きのうの夜はホタル観察会もありました

7時40分ごろになるとあたりはいよいよ暗くなり、
ポッ ポッ ポッ とつぎつぎにホタルの光が浮かびあがります
あっあそこにいた あっここにも と大人もまるで子供に戻ったかのよう
(いちばん興奮してたのはワタシやスタッフのふじこでしたが)
あのなんともいえない動きとスピードの、ホタルの舞いに魅了です

講師の野澤利治さんから、オスは草の上であまり動かないメスを探して飛んでいるということを聞き、
ワタシはちょっとホタルの舞いを見る目が変わったような気がしますが、
それでも闇夜に舞う光の景色はなんともいえず 
各地で観賞会が開かれるのも分かります

最近は各地でホタルの放流がおこなわれているようですが、
養殖だと決まったホタルの卵ばかりが増えるため近親がすすみ、
遺伝子的にはとても弱いものばかりになるようです

いまいるホタルの生活場所をどうやって保つか
まずはそのことが大切ではないかと思いました

さるぞお

いきるかたち

ササユリ2

園内、ササユリの花がとてもきれいです
道沿いや日当たりのいい原っぱのようなところでよく見られます
大き過ぎない存在感、可憐さ、淡い色彩、日本人好みの花なのでしょうか
来園者からも問い合わせの多い植物です

たしかに森で出会うとグッと魅かれるものがあります
宝塚ではなく、映画女優の美しさ、といったところでしょうか(いいのか?こんなたとえで)
ただ、けして持ち帰らないでください
森林公園の植物は森林公園で楽しんでくださいね

ツルアリドウシ

そして、すこし湿った場所で咲いているのがこれ
ツルアリドウシ
1センチほどの花なので、よく見ないと気づきません
とても小さいけれど、可憐です
これはこれで味わい深い

IMGP8581.jpg

森を出たところに多いのがこれ
もう盛りをすぎたかもしれませんが、ウツギという木の花(卯の花です)
小さい花をたくさん咲かせることで遠くからでもかなり目立ちます
こうして自分の存在を目立たせているのでしょうか

こうしてみると、いろんなものがいろんなかたちで生きているのが分かります
生きるかたちはけして一つではないのですねえ

IMGP1995.jpg

エゴノキという木の葉につくアブラムシの”虫こぶ”です
アブラムシが卵を産みつけるとこういう形になるのだそうですが
それにしても気になる形ですねえ
その名も”エゴノネコアシアブラムシ”というのだそうです
これも一つの生きるかたち
バードピアのテラスからちょうどよく見えます

さるぞお

毎週土曜日開催のガイドウォーク
このところ天候にも恵まれ、多くの方に参加していただいています

今月からは講師が1人、午前のみの開催ということで、
少々、不便なことも多いのですが…

IMGP1972.jpg

今回の講師は櫻井貞彦さん
地学がご専門なので、植物などのお話も進化や他の生きものとの関係など、
ちょっと違った視点からのものが聞けるのです
そこがとっても魅力的

そして話しぶりもまるで落語を聞くかのよう
長年培ってきた知識や経験から、話しがすらすらすらと流れ出し、
大人も子供も思わず引き込まれてしまいます

そんな櫻井節が心地よく、そのうち参加者もそれぞれのリズムや音で反応し、
ガイドウォークがだんだんひとつの曲になっていくのが分かります

まるでジャズでも聞いてるよう
開催側としては充実の時間

IMGP1976.jpg

そんな心地よい音楽を、木の上でウスタビガのイモムシも聴いてるでしょうか

あっ 夜はぼちぼちホタルが舞いはじめたようです
今月9日、15日、17日のホタル観察会(9日はおとなのみ)にはまだ空きがあります
お電話でバードピアまでお問い合わせください

さるぞお
プロフィール

さるぞお&みきちゃん

Author:さるぞお&みきちゃん
【さるぞお】小さいころから野山がアソビ場。森の美しさに魅せられ、いまでも美しい森の姿を追い求める43歳おっさんロマンティストです。森林公園開催のさまざまな自然体験プログラムを企画、実施しております。
【みきちゃん】森が大好きな3児の母です。森林公園内を歩き回って、自然情報を集め、バードピア館内の自然情報ボード、ブログやツイッターなどでご案内しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク