こちらも夏!

150728 (7)

前回の沢たんけんに続き、こちらも森林公園の夏の風景
ムシむしナイトウォッチング!
あやしい光に集まる虫たちに
さらに集まるわたしたち人間です

白い布を貼り、そこに蛍光灯のような明かりをつけると
夜に活動する虫たちがワサワサ集まる仕組みなのでありますが・・・

150728 (4)

はた目にはちょっと異様な光景なのかもしれませんねえ・・・
でもこれが虫好きたちのなせるワザ
いまはカブトやクワガタにしか興味がないこどもたちも
いつの日か
この日の講師、大場さんや細田さんのように
カミキリだったりハナムグリだったり
アリだったりハエだったりに
取り憑かれる日が来るのかもしれません

150728 (6)

150728 (3)

150728 (2)

ただ、大好きな虫にたくさん会えるのも
豊かな自然が残されているからこそ
ということを忘れないでもらいたいなあ
と思う大人になってあらためて虫に興味が湧きはじめた
サルゾーでありました




スポンサーサイト

夏!

150720 (1)

梅雨も明けた先日の日曜日
肉や魚のように焼かれて食われてしまうんじゃないかというような日差しの下
20名の親子が集まってくれました
こんな日にわざわざ行うプログラムの内容は・・・

150720 (3)

やっぱり涼しい沢あそび!
例年どおり、森林公園のすぐそばにある灰ノ木川へと出かけました
ただ、今年は梅雨の大雨で上流の沢が荒れ
いつもの澄んだ沢の水ではなかったのですが・・・

150720 (5)

150720 (4)

みんな、やって来た夏の暑さを気持ちのいい沢で味わうように
ゆっくりワイワイ、生き物なんかを探しながら存分に楽しんでくれたようです

150720 (6)

みんなで探せばいつものようにアメンボ、サワガニ、メダカ、スジエビ、ヤゴ
カワヨシノボリにカワムツ、ドジョウにモクズガニまで捕まり
その姿かたちに
こどもたちはもう釘付けでした

あああ、こんなところでじっとしていたら熱中症に・・・
なんていう大人の心配は
沢たんけんを楽しんだこどもたちには杞憂であったようです

150720 (8)

150720 (7)

150720 (9)

サルゾー

今年もやります!

150711 (1)

今年もやります!
わんぱくジュニアレンジャー~こども野外料理にゅうもん・マイおにぎりづくり~

マキをひろってマッチで火をつけ
たき火ができたら飯ごうでご飯を炊こう
そして、炊きたてのお米でおにぎりづくりに挑戦だ

さてキミはマキに火をつけられるか?
ついたたき火でうまくご飯を炊くことができるか?
そして、おにぎりを上手くにぎることができるかな?

8月2日(日)  am9:30~pm 2:30 ※強風、強雨時は翌週9日(日)に延期
場所:県立森林公園
費用:200円(食材費)
対象:小学3~6年生(親の付き添いなし)
持ち物:おかず 水筒 帽子 タオル 軍手 ランチシート 雨具 おやつなど
服装:汚れてもいい服装(長袖、長ズボン着用のこと)、帽子、運動靴
定員:15名(申し込み先着順)
お申し込み方法: 電話 、FAX、または 直接「バードピア浜北」窓口へ
※7/16(木)9:00~申し込み開始 (定員になりしだい、お申し込みを締め切ります)
参加される方全員の①名前 ②住所 ③電話(FAX)番号 ④年齢(学年) をお知らせください

夏休みならではのこの企画
お申し込みをお待ちしています!

150711 (2)

さて、先日あったひさびさの梅雨の晴れ間
これだけたっぷり降ったならと
期待どおり、森の中ではキノコの姿がそこかしこ

150711 (4)

そのほとんどが水でできているといわれるキノコの本体は
たっぷりあった梅雨のおかげでこの時季ムクムクと地上に現れます

150711 (5)

名前の分からないものばかりではありますが
どういった場所に生えるのか
といったことを予想しながら歩いたりして
予想どおりに見つかることもあれば
予想外のところで出会うこともあり
森の妖精(妖怪?)に会えたようで楽しくなります(ワタシだけ?)

150711 (6)

キノコ(菌類)は森のそうじ屋さん
彼らがいなければ森の地面は生き物の死体や枯れた木、落ち葉でいっぱいになってしまいます
キノコの豊かさは
森の豊かさでもあるようです

150711 (3)

そんななか、ふと見た先にクモの巣が
そして子グモもわんさかといて
しばらくすると不意に吹く風に乗ってふわ~りふわり
子グモは自分で糸を吐き出し、それを羽根代わりに空を舞い
新たな生活場所へと旅立つそうです

梅雨の晴れ間には
思わぬドラマと出会います

サルゾー




絵は最高のひまつぶし?

150705 (2)

ただいま、バードピア創作展示室には
なんと高さ1メートル×幅2メートル以上の
巨大な天竜川の絵が展示されています

150705 (3)

こんな大きな絵を毎日見ていると、そのたびに圧倒され、
そしてなんだかいい気分になります
大きさというのも表現のひとつの方法なのだなあと、強く実感しました

150705 (1)

作者の鈴木正善さんは幼いころから絵かきになりたかったのだけれど
親に猛反対され、さまざまな職につき(なんと看板屋もやり、20年前に
森林公園の看板も書いたことがあるそうです)
そして55歳で美大に入り、正式に絵の勉強をされたそうです
いまでは仕事も辞め、絵三昧
絵は最高のひまつぶしだよ
とおっしゃっていました

14日(火)までの開催です

さるぞお

プロフィール

さるぞお&みきちゃん

Author:さるぞお&みきちゃん
【さるぞお】小さいころから野山がアソビ場。森の美しさに魅せられ、いまでも美しい森の姿を追い求める43歳おっさんロマンティストです。森林公園開催のさまざまな自然体験プログラムを企画、実施しております。
【みきちゃん】森が大好きな3児の母です。森林公園内を歩き回って、自然情報を集め、バードピア館内の自然情報ボード、ブログやツイッターなどでご案内しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク