今年もありがとうございました!

151228.jpg<

今年最後のガイドウォークは「カモに会いに行こう」
ということで西ノ谷奥池からスポーツ広場まで足を伸ばしました

シベリアの方から渡ってきたコガモやマガモを見たり
スポーツ広場では澄んだ青い空を背景に
ノスリというタカの仲間が悠然と舞っておりました

マツ枯れ、ナラ枯れ、外来種の増加など
心配な話題も多かった一年でしたが
最後にみんなで大空のタカを眺められ
今年もよい一年だったと感じた次第であります

来年も足元から遥か遠くまで
いろんな視点で物事を捉えられるよう精進、精進
2016年も森林公園にようこそ!

サルゾー
スポンサーサイト

回を重ねる、歳を重ねる

151223 (1)

今年最後の自然体験プログラムは
わんぱくキッズ~落ち葉であそぼう!冬の森~でした
普段はまず来ないだろう冬の森も
けっこう楽しいことを知ってもらいたくて立てた企画です

というわけで、まずはカエデの森まで行くつもりでしたが
途中で早くも落ち葉遊び
冬休み直前で、かつ保護者の付き添いがないこどもたちはじつにイキイキ?

151223 (2)

開始30分でこのとおり

151223 (3)

この時季ならではのフユイチゴの実を見つけたならば
イチゴ摘みがとまらない・・・

151223 (4)

その味は?ビミョー?

151223 (5)

ようやくたどり着いたカエデの森でまずは落ち葉集め
慣れない熊手で集めます

151223 (6)

はじめて会った仲間とも共同作業
落ち葉を一箇所に積み上げたならば・・・

151223 (7)

もちろんジャンプ!

151223 (8)

身軽なこどもたちは大人の想像を上回る場所から
飛び降ります(見ている方がドキドキ)

151223 (9)

森のなかではあちこちで遊びが生まれます
シートで秘密基地を作ったり

151223 (10)

大人が意図したものとはまったく違うものを作ったり

151223 (11)

ただただ遊ぶだけの一日でしたが
大人が何も言わなくても森で楽しく遊んでしまうこどもたちが
すこしたくましく思えたこの日でありました
自然体験プログラムも回数を重ねるごとに
徐々にその効果(?)が現れてきているのでしょうか?

またひとつ歳をとったとため息つくのではなく
歳を重ねるごとに生き生きと楽しくなれる
この日のこどものような大人でいたいものだと思います

さるぞお

年の瀬、お正月

遠州のからっ風がさらに冷たく、
空もこの時季ならではの雲ひとつない青
ようやく年の瀬、お正月、といった感じがしてきました

151212 (1)

人の世では今年も終わりとなってきましたが
森林公園ではご覧のとおり、
来年に向けての準備が着々と
ハクモクレンの花の芽は
寒い冬を綿毛のコートでしっかり防ぎ
春一番の開花の準備を進めています

年の瀬になり、姿を見せてくれる生き物たちもたくさんいます
海を越え、遠く中国北部やシベリアから渡ってくる冬の渡り鳥

151212 (5)

アオジ

151212 (8)

ビンズイ

151212 (7)

ツグミなんかも見られるようになりました
(写真がないため、イラストであしからず)
人伝えにはルリビタキ、ミヤマホオジロなども来ているようです

バードピアは今月29日(月)から新年3日(月)まで
お正月休みとなりますが
草木や生き物たちは休む間もなく動き続けています

サルゾー


ちっちゃな木から大きな“なにか”

151212 (7)

木を削る
なにかを作るわけでなく
ただ握ってココチイイものに
完成図はない
もちろん作り方もない
ただゆっくりと木と向き合いながら
その木の声に耳をすませながら
“こうでいいかあ?”
“こう削っていいかあ?”
と心のなかで問いかけながら
ゆっくりと木を削る

151212 (5)

151212 (6)

151212 (14)

12日に行ったナチュラリスト入門講座・大人のゆっくりと木を削る~木と向き合うものづくり~

前からやってみたいと思っていたが、実際にやってみて想像以上に楽しかった
自然のなかで「静」の時間が持ててよかった
木を削るのに集中して楽しかった
初めての体験だったが、奥が深く、集中して楽しめた
野外で時間を気にせず、いい時間を過ごせた
木となかよくなれた気がする

151212 (8)

手のひらに収まるほどのちっちゃな木と向き合った一日は
みんなの心にどっしり大きな“なにか”となって残ったのではないでしょうか?

木削り&あそび作家 フクムク・ふくいせいじさん
どうもありがとうございました!

151212(15).jpg

さるぞお

ヒトの情緒

151207 (1)

気圧配置が変わり、ようやく冬が顔を出しはじめましたね
こちら森林公園も紅(黄)葉が進み、
まだまだ緑だった木々の葉もようやく色づきはじめました
公園では、たくさん生えているコナラという木が色づくと
森はすっかり鮮やかになります
雲のない青空を背景に
黄金色のコナラの木はとても美しい

151207 (4)

イロハモミジのあるうぐいす谷はこんな感じ
先日のボランティアの会・利用者あんないグループによるワンポイントガイドでは
見頃のモミジをガイドすることができました

151207 (3)

151207.jpg

紅葉はコナラやモミジだけでなく、
じつはアカマツだってしています
(マツは紅葉とは言わないけれど、ちょうどこの時季に古い葉を落とすのですね)
水面に浮かぶマツの葉がモミジと一緒で
不思議な味わいです

151207 (2)

そんな里山の秋を感じていたら
西ノ谷奥池のほとりで妙な風景に出会いました
クリスマス用の撮影なのでしょうが
なぜ舞台が森だったのか
なぜ半袖にミニスカートなのか

ヒトの感覚や情緒はいろいろなのだと
しみじみ感じた次第です

サルゾー
プロフィール

さるぞお&みきちゃん

Author:さるぞお&みきちゃん
【さるぞお】小さいころから野山がアソビ場。森の美しさに魅せられ、いまでも美しい森の姿を追い求める43歳おっさんロマンティストです。森林公園開催のさまざまな自然体験プログラムを企画、実施しております。
【みきちゃん】森が大好きな3児の母です。森林公園内を歩き回って、自然情報を集め、バードピア館内の自然情報ボード、ブログやツイッターなどでご案内しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク