小鳥たちと木の実


DSC03805 - コピー

ビオトープの周りに、ヤマガラがよくやってくる季節になりました。

DSCF1650.jpg

お目当ては、エゴノキの実です。

ヤマガラは、エゴノキの実が大好きで、実が熟すころ、毎年やってきます。

ビオトープのすぐ裏に、エゴノキが生えているので、その様子をビオトープから観察できます。

ヤマガラ・エゴノキ

エゴノキでの滞在時間は、とても短いです。

エゴノキの木にやってくると、大急ぎで好みの実を探し、大急ぎで実をくわえ、大急ぎでマツの木など大木に飛び移ります。足場の安定した大木の上で、実を割って食べるようです。

シジュウカラ・ヤマハゼ (22)

ビオトープのすぐ裏に、ヤマハゼの木もあります。エゴノキと同じ頃に実が熟します。

ヤマハゼの実は、油分を多く含み、カロリーが高いそうです。その実を食べにシジュウカラが来ていました。

コゲラ

この実は、キツツキの仲間も大好きで、コゲラが来ているのも、よく観察できます。

野外で過ごすのが、心地よい気候になってきました。
ビオトープ前のベンチで、お弁当でも食べながら、のんびりと野鳥観察などいかがでしょうか。

みきちゃん
スポンサーサイト

きれいやカワイイだけじゃない

171013 (5)

森林公園の秋のはじまりといえば、やっぱりこれ
湿地に咲くシラタマホシクサです

静岡、愛知、岐阜、三重の4県にしかなく、
静岡では天竜川以西にしかないそうです
かくいうわたしも、この森林公園で働くようになるまでその存在すら知らず
初めて見たときのなんともいえない印象は
いまだに心に残っています
まさにシラタマの星空のような風景、真昼なのに

このひとつひとつのシラタマが花だということにも
なんだか不思議な思いがしました

171013 (1)

そんなシラタマホシクサの咲く湿地をガイドするのが
この時季の恒例
シラタマホシクサ以外にもサワシロギクやサワヒヨドリ、
青いサワギキョウや黄色のミズギク、ピンクのマアザミなんかも咲いて、
それはそれは美しい
ただ、美しいだけでなく、こうした湿地の成り立ちや
行く末なんかもお話しして、“湿地”という環境に
興味、関心をもってもらいたいと思っています

171013 (2)

171013 (4)

とはいえ、みなさんの目が向かうのはやはり、
かわいいシラタマホシクサ
思わずカメラを向けてしまいますね

171013 (3)

そんなシラタマホシクサもかわいいだけでなく、
たくましく生きるための仕組みがあることを
自分の手で確かめていただくと・・
ほら、こんな顔!
物言わないちっちゃな植物だって
わたしたち同様、必死で生きているのです

さて、どんな仕組みなのか知りたい方は
来年ぜひ、ガイドウォークやボランティアの会・ワンポイントガイド
などに参加してみてくださいね(一年もお待たせさせてスミマセン)
きれいやかわいいだけでない、植物たちの世界が垣間見れるかも?!

さるぞお

ビンゴ

森の中で、自然観察しながらできる「ビンゴ」を作りました。

鳥や木の実などを発見していくゲームです。

DSCF1628.jpg

ビンゴをやりながら歩くと、新しい発見があるかも⁉︎

ぜひ、お子さんやお孫さんと一緒に、
また、お友達同士、ご夫婦などでやってみて下さい。

バードピア館内の入ってすぐ「自然情報マップ」の前に置いてあります。
無料配布中です。

みきちゃん

ムササビだよりを持って、湿地へ行ってみるのはいかがですか。

DSCF1471.jpg

『ムササビだより 2017・秋号』は、秋の湿地特集です!


湿地では

IMGP5099.jpg
シラタマホシクサ

サワギキョウ (2)
サワギキョウ

マアザミ2 (2)
キセルアザミ

イワショウブ
イワショウブ

など様々な花が見られます。


ぜひ、ムササビだよりを持って、湿地へ行ってみて下さい。

ムササビだより、無料配布中です。

みきちゃん
プロフィール

さるぞお&みきちゃん

Author:さるぞお&みきちゃん
【さるぞお】小さいころから野山がアソビ場。森の美しさに魅せられ、いまでも美しい森の姿を追い求める43歳おっさんロマンティストです。森林公園開催のさまざまな自然体験プログラムを企画、実施しております。
【みきちゃん】森が大好きな3児の母です。森林公園内を歩き回って、自然情報を集め、バードピア館内の自然情報ボード、ブログやツイッターなどでご案内しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク