冬を迎える前に

DSCF2640.jpg

冬を迎える前に、湿地で最後に咲く花、ウメバチソウが盛りを迎えています。

ヒメアカネ産卵 (1)

その横では、ヒメアカネが産卵をしていました。

DSCF2656.jpg

少し前に咲いたイワショウブは、赤い実をつけていました。

前の記事で、さるぞおさんが書いているように、この湿地もボランティアの皆さんが草刈りをして下さるおかげで、森に戻らず、可憐な花を咲かせてくれます。

真っ白なウメバチソウが、小さな灯りのようにポツン、ポツンと咲く湿地を見ながら、過ぎ去った今シーズンのこと、これからくる冬のことに思いを馳せてみるのも、いいものです。
心が穏やかになります。

みきちゃん
スポンサーサイト

ぼくらは大自然の手の上で

171113 (3)

草花たちの成長が止まった秋の終わりや
まわりの草もどんどん伸びる夏のはじめに
草刈りをしてやると

171113 (1)

本来、日当たりのいい場所を好んで咲く草花たちが
元気にたくさん芽を出し、花を咲かせてくれます

数十年前までは普通に行われていたこの草刈り
それは、田畑を耕してくれたり、荷物を運んでくれたりする
ウシやウマのエサを確保するためだったのだけれど
結果、わたしたち日本人に馴染みのある
秋の七草やワレモコウ、センブリなんかが
どこにでも見られる環境をつくっていたのです

いまとなってはそんな草花を好きな人たちが
わざわざ草を刈らないと
日本の自然はどんどんうっそうとした
森に戻っていってしまいます

171113 (2)

森もいいけど
かわいい草花が咲く草っぱらもいい
なんだか自分勝手でぜいたくな希望かもしれないけれど
ふところの深い大自然は
それぐらいなら許してくれるよね

さるぞお

虫たちのレストラン

園内では、可憐な秋の花が咲いています。

秋の花は、虫たちのレストランです。

キゴシハナアブ (1)
ノコンギクにやってきたキゴシハナアブ。
縞模様がおしゃれです。

DSCF2019.jpg
ヤマトシジミもやってきました。
羽が傷んでいますが、元気に飛び回っていました。

DSCF2028.jpg
緑びかりしたミドリギンバエも、食事にやってきました。

DSCF2267.jpg
ツワブキでは、アサギマダラが蜜を吸っていました。
長距離を旅するチョウで、園内では秋によく見かけます。

キンケハラナガツチバチ ♀(43)
体に金色の毛が生えているキンケハラナガツチバチも、蜜を吸いに来ていました。

ホソヒラタアブ (5)
ホソヒラタアブもやって来ました。
早春から晩秋まで、園内あちこちで見かけるアブです。

オオハナアブ (1)
コウヤボウキには、オオハナアブが来ていました。
丸みを帯びた体が、愛らしいです。


今日も園内では、秋の花のレストランが大盛況です。

みきちゃん


プロフィール

さるぞお&みきちゃん

Author:さるぞお&みきちゃん
【さるぞお】小さいころから野山がアソビ場。森の美しさに魅せられ、いまでも美しい森の姿を追い求める43歳おっさんロマンティストです。森林公園開催のさまざまな自然体験プログラムを企画、実施しております。
【みきちゃん】森が大好きな3児の母です。森林公園内を歩き回って、自然情報を集め、バードピア館内の自然情報ボード、ブログやツイッターなどでご案内しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク