FC2ブログ

人類の歴史?

いままでのものとはちょっと毛色の違うプログラム、
“クギでナイフをつくっちゃおう”
梅雨時ではありましたが、幸い好天に恵まれ
17日(日)に開催することができました

ここのところナイフや刃物はイメージが悪い…
でも、これがなくちゃあ人間などいままで生き延びてはこれなかっただろう
とても大切なもの
それを自分の手で一から作ってみようという企画です

180623.jpg

教えてくれるのは“ボブ”こと山本純也さん
世界各地を自転車で旅したり、ラフティングやカヤックのガイドをしている
まあ、“外遊び”の達人です
今回はナイフを作り、さらにそのナイフで魚をさばいて食べてやろうというもの
これができればほんとになにがあっても生きていけるかも?!

180623 (2)

さて、今回のナイフの材料はクギ
まずは自分たちで火を起こし、炭を熱してそのなかにクギを入れます
そして熱くなったクギを取り出して金床で叩き、徐々に薄く平らに
最後は水に浸してヤキを入れ、冷えたところで刃を研ぎます
砥石はなんとそこらにある石です

180623 (1)

さすがに今回のプログラムにはいつもと違った
年長のこどもたちが集まってくれましたが
クギを熱して叩くあたりからみんな熱中
とくに石で刃をつけれることが分かると必死です
「切れるナイフを作ってやるぜ」という気持ちが強くなったのでしょうか

180623 (3)

180623 (4)

そしていよいよ作ったナイフでニジマスをさばきます
みんな魚などあまりさばいたことなどないだろうし
道具は自分で作ったナイフだし
ドキドキしながらおそるおそる・・
それでも腹を裂いて内臓まで出せました!

180623 (5)

最初は「魚はあんまり・・・」なんて言ってた人も
炭火で焼いたのを一口食べるとこのとおり
自分でさばき、炭火で焼いたニジマスはやっぱりおいしかったんでしょうね

火を使い、鉄を加工し、できた刃物で獲物を料理する
人類が生まれてからいままでの何万年もの間
最も大事だったかもしれないこの行為は
現代に生きるボクたちにもなにか“生きる”ということの
実感を与えてくれたのじゃあないかなあ?
楽しかったね。またやろう!

さるぞお

スポンサーサイト

湿地の小さな花たち

DSCF8197.jpg

湿地では、小さな花がたくさん咲いています。

ミミカキグサ (3)

ミミカキグサが3ミリほどの黄色い花を

IMGP3257.jpg

モウセンゴケが1センチほど白い花を

DSCF9027.jpg

トウカイコモウセンゴケが8ミリほどのピンクの花を咲かせています。

この植物たちは、いずれも食虫植物です。
栄養分の少ない湿地で、生きている姿は、小さくてもたくましいです。

みきちゃん

竜のような不思議な植物

DSCF7733.jpg

森林公園では、今年も、ギンリョウソウが生えてきました。
漢字で書くと「銀竜草」と書きます。

葉緑素を持たないため銀色っぽく、形が竜のようなので、この名前になったそうです。

葉緑素がないなら、どうやって栄養を得ているかというと、キノコの仲間のベニタケ類から栄養をもらっているそうです。

ニオイコベニタケ?2

ベニタケ類は、樹木の根と共生関係を結び、樹木に地中の養分を与え、樹木からは光合成産物の糖をもらっているそうです。

DSCF6694.jpg

ということは、ギンリョウソウは、ベニタケ類と共生関係を結んでいる樹木にも、間接的に栄養をもらっているということにもなります。

ギンリョウソウがベニタケ類と樹木に何か恩恵を与えているかどうかは、まだよく分かっていないようです。

また、ギンリョウソウは、ゴキブリにも助けてもらっているようです。
ギンリョウソウの種を遠くに運ぶのはゴキブリの仲間、モリチャバネゴキブリだそうです。

DSCF7947.jpg

モリチャバネゴキブリは、森林公園で多く見かけます。

樹木、ベニタケ類、ゴキブリの仲間がいるからこそ、ギンリョウソウが生えることができるんですね。

目に見えない所で、いろいろな生き物がつながっているんですね。

みきちゃん

参考資料
"ゴキブリ"にタネまきしてもらう植物「ギンリョウソウ」 杉浦直人 2017年8月9日 研究コラム
https://academist-cf.com/journal/?p=5542
Botany WEB ©️2005 Takeshi Nakayama 菌根 モノトロポイド型菌根
http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~algae/BotanyWEB/mycorryhiza.html


森林公園のみどころ【2018年6月】

DSCF7390 - コピー

ピッコロロ、ピッコロロと、キビタキの高く澄んだ声が聞こえてきます。
ビジターセンター「バードピア浜北」の玄関前でも、姿を見かけることがあります。

森林公園のみどころ(6月)をホームページに投稿しました。
自然観察などにご利用ください。
みどころはコチラ

みきちゃん
プロフィール

さるぞお&みきちゃん

Author:さるぞお&みきちゃん
【さるぞお】小さいころから野山がアソビ場。森の美しさに魅せられ、いまでも美しい森の姿を追い求めるおっさんロマンティストです。森林公園開催のさまざまな自然体験プログラムを企画、実施しております。
【みきちゃん】森が大好きな3児の母です。森林公園内を歩き回って、自然情報を集め、バードピア館内の自然情報ボード、ブログやツイッターなどでご案内しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク