FC2ブログ

猛暑のなか思う

180728 (1)

大雨、猛暑の7月でありました
西日本での災害があり、熱中症で多くの人が倒れ、
さあ森林公園ではどうするか、とちょっと考えたりもしましたが
やはり、この暑さを乗り越える術を身につけよう!ということで
自然体験プログラムも予定どおり開催しています
極力、直射日光に当たることを避け、
こまめに休憩、たっぷり水分

180728 (2)

そして、できれば涼しい沢や川で
幸い、森林公園には森の木陰をいくつかの沢や川が流れています

180728 (4)

大雨の影響で水は濁っていましたが
こどもにとってはあまり関係ないようで
全身ずぶ濡れでもぜんぜんオッケー

180728 (3)

カエルを捕まえ、家を作って遊んでみたり

180728 (6)

みんなが遊んでいる様子を木陰で眺めたり

180728 (7)

それは楽しい夏の一日でありました

この先ますます“危険な暑さ”、“熱中症”といったキーワードが
世にはあふれてくることでしょう
ただ、この事態を招いた原因はどこにあるのか
この事態を“避ける”ことだけが注目されていいものか
わたしたち大人がしてきたことと、
これからのこどもたちが直面していく問題、課題
大人はしっかり自覚しつつ
猛暑の夏に向き合っていくしかありません

そんななかまたひとつ歳をとりました さるぞお
スポンサーサイト

サギソウが咲き始めました!

DSCF0114.jpg

シラサギが飛んでいるようにみえるサギソウが咲き始めました。

ミカヅキグサ (2) - コピー

三日月のような穂が集まって咲くミカヅキグサも花盛りです。

DSCF9019.jpg

ポツン、ポツンと咲くサギソウを、ミカヅキグサの花が取り囲んで咲き美しいです。

みきちゃん

フォトコンやってます!

フォトコンフライヤー2018-1 - コピー

フォトコンやってます!

チラシの右上に載ってるイモムシ凄いでしょう。
アケビコノハの幼虫ですよ。
インパクトのある生き物などなど、どしどし応募して下さいね!

フォトコンフライヤー2018-2 - コピー - コピー

美しい花や可愛い小鳥、素敵な風景なども募集してます!

詳しくはコチラ

みきちゃん

看板について考える

180706 (1)

ボランティアの会・希少植物保全グループで活動している場所に看板を設置しました
看板には具体的になんの植物を保全しているのか、ということと、
どうして、またどのように保全しているのかということが書いてあります

180706 (2)

この看板をつけたねらいは

・森林公園の中にこうした希少な植物があることを広く知ってもらう
・こうした希少な植物は保全活動をすることでその生育が保たれていることを知ってもらう
といったあたりになるのですが、一方で

・希少な植物の生育場所が明らかとなり、盗掘などの可能性が高まる
ということも考えられます

そのため、こうした看板を付けるものと付けないものを
注意を払って選択しているつもりなのですが
今後、どういった影響が出るかはまだ分かりません・・・

盗掘の恐れのあるものにはいっさい看板など付けない、
という考え方もあるのですが、そうすることで、
ここは希少な植物の生える貴重な環境が残された場所
だと知られないまま過ぎてしまうことも考えられます

どちらの考え方をとるのか、というのは
そこに関わる人たちの“判断”によって違ってくるのでしょうが
要はこれは、表向きには植物の問題でありながら
実際には人間の問題だ、ということ
ある植物がそこからなくなったって全然平気な人もいれば
悲しむ人もいる
その違いはどこにあるのか、正解はあるのか

人の世のさまざまな問題と同様
あれこれ考えつつ、手探りでさぐっていくよりほかはなさそうです

サルゾー



水辺の生きものたち

DSCF8616.jpg

暑くなってきましたね。
森の中を歩いていても、じんわりと汗が出てきます。

DSCF8544.jpg

でも、川や池のそばは、空気がひんやりとしていて、涼しいです。

DSCF8339.jpg

いろいろな生きものにも出会えます。

DSCF8361.jpg

オタマジャクシからカエルになったばかりのニホンアマガエル。
半透明な体を見ていると、ますます涼しくなります。

DSCF8353.jpg

体に目盛りのような模様があるモノサシトンボ。
逆ハート型になって交尾をしていました。

DSCF8372.jpg

日本で一番大きなトンボ、オニヤンマが羽化していました。
羽化したての羽が美しいです。

DSCF8345.jpg

スジアカハシリグモにも会いました。
えんじ色の背中の模様が鮮やかです。
葉の上で、静かに、昆虫などの獲物を待ち伏せしているようです。

水辺には、たくさんの生きものが棲んでいます。
生きものを観察していると、ひとつひとつの生きものの素晴らしさを感じ、暑さを忘れます。

みきちゃん
プロフィール

さるぞお&みきちゃん

Author:さるぞお&みきちゃん
【さるぞお】小さいころから野山がアソビ場。森の美しさに魅せられ、いまでも美しい森の姿を追い求める43歳おっさんロマンティストです。森林公園開催のさまざまな自然体験プログラムを企画、実施しております。
【みきちゃん】森が大好きな3児の母です。森林公園内を歩き回って、自然情報を集め、バードピア館内の自然情報ボード、ブログやツイッターなどでご案内しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク