FC2ブログ

秋の草花ガイドウォーク

180930 (3)

週末は天気にも恵まれて
暑いぐらいの日差しのもと
日曜日は湿地へシラタマホシクサを
秋分の日の月曜日は原っぱへ秋の草花を
ご案内しました

180930 (4)

日曜日はボランティアの会・利用者あんないグループが家族連れや、
いままでシラタマホシクサを見たことがなかった、
という方々をガイドしました
みなさん、そのコンペイトウのような可愛い花に
思わず見とれていましたよ

180930 (2)

翌月曜日はわたしさるぞおが
中日新聞にも載ったせいか
午前中はなんと30人の人出
メインはツリガネニンジンやワレモコウ、オミナエシといった秋の草花でしたが
参加者の関心はミズヒキ、キツネノマゴ、カクレミノの実、といった
意外にどこでもあるものに

あらためてみんなで歩いたりしてみると
普段、意識しないものに目が向かうのは
なんだか不思議なことですね

180930 (1)

最後はオミナエシの花の匂いを嗅いでもらいました
名前はよく聞くその花も
どんな匂いを発しているかは
なかなか知らないのではないのでしょうか?
きっと忘れられない匂いになったのでは・・・

こんな秋の草花たちも
じつは人間による草刈りや木の伐採などがなければ
見ることができないのです
その理由なんかもお話ししつつ
きれいな草花をただ愛でるだけではない森林公園のガイドウォークを
これからも続けていきたいと思っています

次回の利用者あんないグループのワンポイントガイドはコチラ
次回のガイドウォークはコチラ

さるぞお
スポンサーサイト

森の時間

180917 (1)

5月からやっているのびのび子育て森じかんコドモダケコース
月に1回程度の開催ですが、回数を重ねるにつれ、
スタッフとの関係もほかのこどもたちとの関係も、
そして森との関係も
ずいぶんほぐれてきた気がします
この日は秋の長雨の合間、
森ではいったいなにに出会うのでしょう?

180917 (2)

秋の森といえばやっぱりこれ
雨上がりはとくに、森のあちこちに顔を出しています
どこから現れたのか、いったいなんなのか
なんだか不思議な存在ですよねキノコって

180917 (4)

誰かが何かを見つけると、輪になってみんなで見たり

180917 (3)

誰かが捕まえた生き物をじっくり見たり

180917 (6)

森林公園にはたくさんいるカナヘビを
女の子だって捕まえます

180917 (7)

草むらだってへっちゃらです
よ~く探すとバッタにカナヘビ、カエルなどなど

180917 (9)

ただこの日はキノコデー
頭とおんなじくらいのやつもあり

180917 (8)

やっぱり採ってみたいよねえ

180917 (11)

こんなふうにミミズだって堂々とさわれるのは
やっぱ森林公園だからこそ?

180917 (10)

コドモダケコースは文字どおり4、5歳児だけのお預かり
たった2時間だけだけど、大人から離れて森のなかで
キノコやバッタ、ミミズなんかに出会いながら
だんだんたくましい人に育っていってくれるといいなあと願ってます

11月からの森じかん参加者募集しています→コチラ
さるぞお




白いフワフワしたもの

シラタマホシクサ (2)

湿地では、シラタマホシクサの白い花が咲き始めています。

IMGP5100.jpg

よく見ると、白いフワフワとした花です。

DSCF9148.jpg

この夏、フワフワした幼虫をよく見ました。
スケバハゴロモの幼虫です。
ロウ物質をまとったフワフワした体が不思議です。

DSCF9132.jpg

スケバハゴロモは、成虫になれば、こんなに透けた体になります。
これまた不思議な姿です。

DSCF9588.jpg

不思議な生き物といえば、セミヤドリガの幼虫にも出会いました。
こちらも純白のロウ物質をまとって、フワフワです。セミの腹の左右に1匹ずつ付いていました。
セミの体液を吸って大きくなるそうです。

いろいろな生き物がいるものですね。


秋が深まれば、フワフワとした綿毛をよく見かけるようになります。

サワヒヨドリ (4)

サワヒヨドリの種には、フワフワとした綿毛がついています。

DSCF2927.jpg

センボンヤリの種もフワフワの綿毛つきです。

白いフワフワを探しながら散策すると、フワフワした柔らかい優しい心になれるかも…。

みきちゃん

学校にはなかなかない?

180825 (2)

8月末は阿多古川で3日間、川遊びをやる予定だったのですが、
台風の襲来で実施1日、中止1日、増水のため場所を変えて1日と、
なんだか1勝1敗1引き分け的な気分で全日程を終えました
ただ、阿多古川が増水のために場所を変えた灰ノ木川では上の写真のとおり
泳ぐことをあきらめたこどもたちは川の中の生き物たちに夢中です

180825 (8)

岩の下や草の下に潜んだ生き物たちを
足やアミでガサガサやって、アミのなかへ追い込みます
こんな小さな川に生き物なんているんだろうか?・・
なんて怪しんでいたこどもらも
けっこういると分かると夢中です

180825 (9)

サワガニ、カワムツ、カワヨシノボリ
スジエビ、ヤゴにモクズガニ・・・
あらためてその姿に釘付け

180825 (11)

川遊びのあとは自分でおにぎり握って昼食です

180825 (12)

そしてたくさん捕ったサワガニを素揚げにしようと・・
最初は興味津々だったこどもたち
揚げたところまではガッツリ食いついてたのに
いざ、食べるとなるとほとんど食いついてくれませんでした・・・
おいしいんだけどね・・・

180827 (3)

ひるがえって27日は水量もなんとか治まって
待望の阿多古川へ!

180827 (6)

180827 (7)

180827 (8)

180827 (5)

180827 (18)

180827 (10)

180827 (11)

180827 (9)

ほとんど最後の夏休み
みんな思い思いに
阿多古川の水や流れをを楽しみました

この、思い思いというところがとてもいい
それでいて誰もがどこかで自分以外の人を意識して
ゆるやかな一体感がある感じ
学校のクラスとは一味違う
先生抜きの、それぞれの人がそれぞれの人を尊重した
とっても心地いい空間と時間がそこにはありました

180827 (14)

180827 (13)

今回もお昼はスタッフ手作り牛丼
お腹いっぱいのあともたっぷり川で遊んで

180827 (17)

終了時間になってもなかなか川から離れられなかったのです

バードピアに戻ってから、
どうして阿多古川があんなにきれいだったのか
それは上流に豊かな森があるからなんだ、ということを話したけれど
川遊びを終えたこどもたちは夢から覚めたあとみたいな
なんともボーっとしたいい顔してたなあああ
(はたしてメッセージは伝わったのか?!)

今回もWhiteNote戸田正英さんに素敵な写真を撮っていただきました
戸田さんありがとう!

さるぞお





プロフィール

さるぞお&みきちゃん

Author:さるぞお&みきちゃん
【さるぞお】小さいころから野山がアソビ場。森の美しさに魅せられ、いまでも美しい森の姿を追い求めるおっさんロマンティストです。森林公園開催のさまざまな自然体験プログラムを企画、実施しております。
【みきちゃん】森が大好きな3児の母です。森林公園内を歩き回って、自然情報を集め、バードピア館内の自然情報ボード、ブログやツイッターなどでご案内しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク