FC2ブログ

空中散布のあと

一昨日の22日、マツクイムシ駆除のための空中散布がありました
朝5:00~9:00のあいだにヘリコプターで大々的に行われたようで
散布の終わった11:00頃に公園内を歩いてみました

ruritateha.jpg

ところがトンボはたくさん飛んでるし、ルリタテハのイモムシは元気だし
死体も見かけないしで、そんなに影響なかったのかなあと思っていました
(ただやけにチョウやテントウムシが少ないなあとは感じましたが)

kuusann.jpg

しかしながら2日後のきょう、もう一度公園内を歩いてみたら
2時間ほどの間でこれだけの死体が見つかりました

多かったのはハナムグリやコガネムシ、コメツキムシの仲間
ほかにもタマムシの仲間やテントウムシ、ハルゼミやハチ、アリ、イモムシもころがっていたのです
やはり散布の影響はあったようで、当日よりもしばらくしてからのほうが
目に見える形になって現れるようです

まかれたのは殺虫剤のなかでもかなり殺虫力の弱いもののようですが
それでも、マツクイムシ以外の虫をこんなにも殺してしまうことが今回よく分かりました
ワタシが死体を拾って歩いたのは公園のほんの一部ですから
公園全体ではかなりの数の生き物が死んだことになるでしょう

意外だったのは肝心のマツノマダラカミキリ(マツ枯れの原因になる)が一匹も死んでいなかったこと
散布の効果は今後どんな形で出るのでしょうか
ただ、生き物たちのこの姿を見ると、ここまでしてマツ林を残さなければならないか
という思いが起こってしまいます
考えどころです
みなさんはどう思われますか?

とはいえ、きょうもハルゼミは鳴いていますし、生きているハナムグリだって確認しました
生き残った者たちが、また子孫を残してくれることを願います

さるぞお
スポンサーサイト

Comment

No title

薬剤の付いた花や実や葉を食べた場合は影響があるのでしょうか?とすればまだまだ影響はあるのでしょう。
自然の持つ、柔軟な回復力に頼っていられる程度で済んでいるうちは良いのでしょうが。良いか悪いかは見る角度に大いに左右されているようですね。いずれにせよ、変化は進んでいくのでしょうね。

Re: No title

薬剤はしばらく木の幹や葉に残るらしく、それを食べるマダラカミキリにはこれから影響が出てくるようです
先日は、薬の掛かった虫を食べたり、そもそも虫が死んでエサが少なくなってしまう鳥にも影響が出るはず、という人もいました さまざまなことを考慮に入れつつ、いい方法を探すしかありませんね

非公開コメント

プロフィール

さるぞお

Author:さるぞお
【さるぞお】小さいころから野山がアソビ場。森の美しさに魅せられ、いまでも美しい森の姿を追い求めるおっさんロマンティストです。
【みきちゃん】森が大好きな3児の母です。森林公園内を歩き回って、自然情報を集め、バードピア館内の自然情報ボード、ブログやツイッターなどでご案内しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク