FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫の好きなわたしたち

musimusinights.jpg

先週末もやりました
ムシむしナイトウォッチング
今回も夜の光や甘~い樹液にはたくさんの虫たちが集まって
思わずおとなもこどもも魅了された夜でした

musimusinights (1)

にしても、おとなもこどももこんなに魅了してしまう虫とは(最近は嫌いな人も増えているけれど…)
なんとも不思議な存在だなあと今回、しみじみ感じた次第です

こんなに虫を集めたり、そしてそれを生きたままの姿で保存したりする国は
いったいほかにもあるのでしょうか?
四季があるので、いたりいなくなったり
川、海、森、原っぱなど
さまざまな環境にさまざまな虫たちがすむこの国独特の文化なのかも?
だとしたら、いつまでもいろんな虫たちが暮らす国であってほしいと願います

musimusinights (3)

コンチュウ展で昆虫の標本見て書いていただいたみなさんの感想も
とってもユニークなものばかり(スミマセン…ちょっと読めないか)
書いてくださったみなさん、どうもありがとうございました!

musimusinights (2)

musimusinights (4)

こんな素直な感想も
たしかにそうですよね~

さるぞお
スポンサーサイト

Comment

No title

ム―ミン谷のヘムレンさんは蝶々を追いかけていたような・・?

むしって、すごいがいっぱい、不思議がいっぱい、なるほどがいっぱい。魅力的です。

表情なんてないのにね。

Re: No title

ムーミン谷ということはノルウェー? いやフィンランド?
そこには虫とりの文化があるということですかねえ
ファーブルはたしかフランスの人
知らないだけで世界各地で虫とりはやられているのかなあ
非公開コメント

プロフィール

さるぞお

Author:さるぞお
【さるぞお】小さいころから野山がアソビ場。森の美しさに魅せられ、いまでも美しい森の姿を追い求めるおっさんロマンティストです。
【みきちゃん】森が大好きな3児の母です。森林公園内を歩き回って、自然情報を集め、バードピア館内の自然情報ボード、ブログやツイッターなどでご案内しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。