FC2ブログ

色の変化

オオアオイトトンボ?

羽化したばかりのアオイトトンボの仲間(オオアオイトトンボ?)に出会いました。

灰色なんですね。

時が経てば、美しい黄緑色になると思います。

この色の変化は、どのような仕組みで起こるのでしょうか。

産総研の研究で、アカトンボの色の変化は、色素の酸化還元状態の変化で起こることが解明されたそうです。この変化も同じよような仕組みなのでしょうか?



DSCF1968.jpg

花盛りの頃には、葉が白くなるハンゲショウ。昆虫を花に誘い、受粉を助けてもらうためだと言われています。


ハンゲショウ

花が咲き終わる頃には、緑の葉になります。

葉緑素が遅れて作られるため、このような現象か起こるそうです。

この色の変化も面白いですね。

みきちゃん


参考資料
産総研:アカトンボがどうして赤くなるのかを解明
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2012/pr20120710/pr20120710.html
日本植物生理学会:みんなのひろば
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=2458

スポンサーサイト

Comment

No title

トンボ、な~ぜ初めから色がついていなんだろう?
ハンゲショウ、な~ぜそんな技を身につけたんだろう?
生き物ってふしぎ!

Re: No title

ほんとに不思議ですよね。

なが~い進化の過程で、そうゆうものが生き残ってきたんでしょうね。
その歴史を考えると、生き物の凄さを感じます。
非公開コメント

プロフィール

さるぞお

Author:さるぞお
【さるぞお】小さいころから野山がアソビ場。森の美しさに魅せられ、いまでも美しい森の姿を追い求めるおっさんロマンティストです。
【みきちゃん】森が大好きな3児の母です。森林公園内を歩き回って、自然情報を集め、バードピア館内の自然情報ボード、ブログやツイッターなどでご案内しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク