FC2ブログ

竜のような不思議な植物

DSCF7733.jpg

森林公園では、今年も、ギンリョウソウが生えてきました。
漢字で書くと「銀竜草」と書きます。

葉緑素を持たないため銀色っぽく、形が竜のようなので、この名前になったそうです。

葉緑素がないなら、どうやって栄養を得ているかというと、キノコの仲間のベニタケ類から栄養をもらっているそうです。

ニオイコベニタケ?2

ベニタケ類は、樹木の根と共生関係を結び、樹木に地中の養分を与え、樹木からは光合成産物の糖をもらっているそうです。

DSCF6694.jpg

ということは、ギンリョウソウは、ベニタケ類と共生関係を結んでいる樹木にも、間接的に栄養をもらっているということにもなります。

ギンリョウソウがベニタケ類と樹木に何か恩恵を与えているかどうかは、まだよく分かっていないようです。

また、ギンリョウソウは、ゴキブリにも助けてもらっているようです。
ギンリョウソウの種を遠くに運ぶのはゴキブリの仲間、モリチャバネゴキブリだそうです。

DSCF7947.jpg

モリチャバネゴキブリは、森林公園で多く見かけます。

樹木、ベニタケ類、ゴキブリの仲間がいるからこそ、ギンリョウソウが生えることができるんですね。

目に見えない所で、いろいろな生き物がつながっているんですね。

みきちゃん

参考資料
"ゴキブリ"にタネまきしてもらう植物「ギンリョウソウ」 杉浦直人 2017年8月9日 研究コラム
https://academist-cf.com/journal/?p=5542
Botany WEB ©️2005 Takeshi Nakayama 菌根 モノトロポイド型菌根
http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~algae/BotanyWEB/mycorryhiza.html


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

さるぞお&みきちゃん

Author:さるぞお&みきちゃん
【さるぞお】小さいころから野山がアソビ場。森の美しさに魅せられ、いまでも美しい森の姿を追い求める43歳おっさんロマンティストです。森林公園開催のさまざまな自然体験プログラムを企画、実施しております。
【みきちゃん】森が大好きな3児の母です。森林公園内を歩き回って、自然情報を集め、バードピア館内の自然情報ボード、ブログやツイッターなどでご案内しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク